DMC 新作グラデーション刺繍糸「コロリ」使ってみました

2016.03.11 Friday

0

    老舗フランス刺繍糸メーカー、DMCさんが創業270周年だそうです。
    おめでとうございます☆
    新作のグラデーション刺繍糸「Coloris/コロリ」、さっそく使ってみました。

    な、な、な、なんて美しい色なの〜〜〜涙

    「インディアンサマー(小春日和)」と名づけられたこの糸を見たとき、「山を刺したい」とはっきり思いました。
    グラデーションの糸って可愛いけれど、何に使ったらいいか分からない・・・ってこと、多いんですよね。
    生徒さんにもよく聞かれるのですが、「・・・タッセル作るとか?」以上に答えられないこともしばしばでお恥ずかしい限り〜///
    こんなに明確に何を刺したいか浮かんだのははじめてです。
    それもこれも、色合わせがハイセンス、かつグラデ具合がうつくしいがゆえですね!

    5-10センチの程よいピッチも素晴らしいです。ピッチが大きすぎるグラデ糸だと、使えども表情がなかなか変わらず「あれ・・・? 結局1色?」みたいに仕上ることもあるのですが、この糸ならば、小さな図案でも思う存分、色で遊ぶことができます。


    左からヴェネチア、パリ、椿、庭の花、そしてインディアンサマー。
    なんて素敵なパレットカラーネーム!
    乳幼児にも使用できるエコテックス認定も取得しているそうです。

    コロリ、定番で使いたい糸になりそうです。
    素晴らしい開発をしてくださるメーカーさんに、敬意と感謝を込めて・・・
    これからもますます、素敵な素材に出会わせて頂けることと思い、楽しみにしております♡


    そして、今日は311。あれからもう5年なんですね。
    "何もする気が起きず、刺繍をして過ごしました。"
    "刺繍をしていると、落ち込む気持ちが少し薄れました。"
    "刺繍があってよかった。"
    あの日から一年は、そんなメールをぽつぽつ、生徒さんたちから頂いていました。
    直接被災をしていない、なにも失っていない私でも、元気が出なくて、やるせなくて、いつも虚脱感と怒りと罪悪感を背負っているような日々でした。メールをくれた方たちも、似たような気持ちだったのかも知れません。
    そんな中、ひとりで自分の内側にこもれる趣味があることは、心にたまっていく毒を和らげる作用があるのかもしれない。それって、実はとても大切で必要なことなのかもしれない。
    それまでの自分には思いも寄らなかったそんな刺繍の作用を伝えてくれるメールに、ひたすらびっくりしたことを覚えています。

    あれから5年、震災関連のニュースでは今も、悲しかったり、腹立たしかったり、がっくり来たりすることが多いけれど、いいな、と思えるニュースも探せばちゃんとあります。震災関連の物事を追っていくということは、心が浮き沈みすることです。つらくなるから、知りたくない、耳に入れたくないと正直に打ち明ける友だちに、何も言えないことも何度もありました。
    たしかに、個人的なことでもいろいろ起きて心を奮い立たせながら毎日暮らしているのに、自分ではコントロールできないくらい大きな情報の波に飲み込まれることは、恐怖でしかないという気持ちも、わかるから。
    それでも、進むためには、知るべきことは知らなければいけない(あくまでも私は、です)。
    そして、知ったことで感情的にならないようにしよう、断罪しないようにしよう。
    難しいことだけれど、口論の種になりやすいことだからなおさらでした。
    複雑すぎる物事をジャッジなんてできない。力不足だけど、ただ、受け止める努力をしなければと。
    だって、あの日を経て、今があるのだと思いたいのです。
    あの日を経て、刺繍をしている。暮らしている。愛している。泣いている。笑っている。
    なにごともなかったように、ではなく。
    あのことが起きたあとの2016年3月11日に生きて刺繍をしているということに、そして刺繍ができてるあたりまえの日常の得難さを、せめて自覚していたいのです。
    5年前この世にはいなくなってしまった、好きな人や好きなことがたくさんあったであろう多くの方の冥福をお祈りします。そして、未だ震災の爪痕に苦しんでいるたくさんの方の心に、安心が訪れてほしい・・・多くの人の願いだと思います。
    あぁ、好きな人にちゃんと、好きって言おう。
    一緒にいてくれてありがとうって、抱きしめよう。
    私はぜんぜん立派な人間じゃありません。弱い人間だからこそ、そう思うのです。

    ーーーー
    刺繍と手紙 クロヤギシロヤギ
    Instagram 刺繍アカウント
    Instagram お弁当アカウント
    twitter
    facebook 刺繍アルバム

    JUGEMテーマ:刺繍

    おやコアラのアルビノができました

    2016.03.07 Monday

    0

      おやコアラのイヤークリップにアルビノver.ができました。
      ​私もさっそくつけています。ちょっと春気分になります♪
      通常ver.と同じく、首元にパールをつける予定でしたが、友人の助言でお鼻につけてみたら、これがなんともかわいく!
      取り入れさせてもらいました。スガノちゃんありがとう〜♡

      また、売り切れていたねむりねこのブローチの白猫も再入荷しています。
      どちらも、何度も近似色を刺し重ねて大切に作りました。
      愛でて頂けますように。

      ーーーー
      刺繍と手紙 クロヤギシロヤギ
      Instagram 刺繍アカウント
      Instagram お弁当アカウント
      twitter
      facebook 刺繍アルバム

      JUGEMテーマ:刺繍

      線の刺繍と面の刺繍

      2016.03.01 Tuesday

      0





        最近の刺繍たち。線と面を行ったり来たりしている。​

        刺繍は面じゃないと!
        とずっと思って来たけれど、去年スランプがやって来て、思うように制作ができなくなった。
        (去年の新作はとても少ない)
        〆切のある仕事も受けていたし、展示もしたし、ねむりねこのイヤークリップのような新作もできたし、刺繍をすること自体は楽しかったので、外から見たらあまりそういう雰囲気はなかったかもしれない。私もなるべく、意識しないようにしていた。
        けれど振り返れば、2015年は不毛の年であったと思う。
        「生み出したい」という思いが湧いて来なくて、何を刺繍をしたいのか分からなくなって、とても焦っていた。
        口には出さなかったけれど、夫だけは気づいていたらしい。

        創作意欲が湧かない。そのおかげで、線の刺繍のおもしろさに気づけた。
        いつも通りの、「面を埋める刺繍」をデザインすることが苦しかったから。
        同じ景色ばかり見ていたら気づけないことがある。
        スランプの間は、新しい技術の勉強をしたり、過去のデザインを刺繍したり、HPのリニューアルをしたり、レッスンをしたりして過ごした(こうして書くと、なかなか充実している)。

        一年悶々としたおかげで、GWに参加する展示では新作をお披露目できそうです。

        ーーーー
        刺繍と手紙 クロヤギシロヤギ
        Instagram 刺繍アカウント
        Instagram お弁当アカウント
        twitter
        facebook 刺繍アルバム

        JUGEMテーマ:刺繍

        [ヴォーグ学園]4月期の生徒さん募集

        2016.02.26 Friday

        0

          ヴォーグ学園東京校で受け持ち中の「千葉美波子のアルファベット刺しゅう」講座、4月期からの生徒さん募集を行っています。
          今回は日曜午後クラス(13:30-16:00)若干数のみの募集となります。
          詳細はヴォーグさんのページをご確認頂き、お電話にてお申し込みください→

          こちらのレッスンは、どなたでも参加できるはじめてさん向けの連続レッスンです。
          基本のステッチをハンカチキットで、サテンステッチの練習をきんちゃくポーチキットで学んだあと、それぞれの課題ややれるようになりたいことをヒアリングして好きな図案に移っていきます。
          半年を一区切りとしていますが、継続して頂いている方はカットワークやスタンプワークなどにも取り組んでいますよ〜。


          そして、今日はこのふたつがお嫁入りします。
          どうもありがとうございます!
          うれしいけど、やっぱりちょっとさみしい気持ち。かわいがって頂くのだよ。。

          ーーーー
          刺繍と手紙 クロヤギシロヤギ
          Instagram 刺繍アカウント
          Instagram お弁当アカウント
          twitter
          facebook 刺繍アルバム

          JUGEMテーマ:刺繍

          本を読むという興奮

          2016.02.24 Wednesday

          0

            インタビューでも個人的にも、「どうやって図案を思いつくのですか」とはよく聞かれる。
            物を作る人はおしなべて、よく出会う質問だろう。
            そういう時、ぱっと答えられる人はどれくらいいるのだろう。
            私はいつも、答えられない。本当に、自分が図案を思いつく仕組みがよく分からないからだ。
            ひとつ言えるのは、自由にやっていいのなら、まず迷わないということ。
            図案を書くとき、私は本当に迷わない。
            迷うのはそのあと。刺繍技法や色をどうしていくかという部分である。

            ぼんやりとは思い当たる。
            おそらく、今まで自分が体験したこと、観たもの、感じたことが積み重なって、図案になるのだろうと。
            観た瞬間に「これを刺繍したい」と思うことはあまりないし、思ったとしても、まず刺繍しないで終わる。
            それでもたぶんその「刺繍したい」記憶はどこかに残っていて、「刺繍したいと思わなかった」物事や通り過ぎていく些末な出来事と私の中で絡み合い、いつかペン先に現れるのだろう。
            そういう意味では、好きなものをモチーフにしているのでもない。
            個人的にさして思い入れのないものも、描いていたりする。

            この推察が当たっていれば、特に、書籍の影響は大きいに違いない。
            ブログタイトルでもある「本と手紙と刺繍があれば」、これは人生の中で人以外で大切なものを、出会った順番に並べたものだ。
            どちらかを諦めなければいけないとしたら、私は刺繍を諦める、かもしれない。
            それくらい、病める時も健やかなる時も本とともに過ごしてきた。
            読みたい本があるという幸せ、あの本の続きが読めるという熱狂、こんなにおもしろいのにもう読み終えてしまうという哀しみ。
            素晴らしい本と過ごす時間には、しっかりと編み上げた人間関係(ただの飲み友だちではだめだ)と拮抗する魅力がある、と私は思う。
            しかし本ばかり読んでいると(実際そういう子どものまま大人になった)、自分が体験していないということに不安を持つ。現実で出会っていないということになにか、多大なる損失があるのではと感じてしまう。
            この間観た映画でも、主人公と恋に落ちる書店員の女性がそんなことを言っていて、すごくわかるなぁと思ったのだった。

            だからだろうか、この数年は、空いた時間はほとんど、人と会っていた。
            素敵な出会いがあった。面倒なこともあった。笑ってばかりじゃなかった。泣いたり怒ったりもした。
            これでもかと他人と過ごすことで、人生が多様化した。すべてを受け入れ、許し、守ってくれる人を中心に生きているだけでは、こうはいかなかっただろう。
            そして今また徐々に、本を読む生活に戻って来ている。
            きっかけは〆切が終わり、積んでおいた本を、ふと手に取ったことだ。
            おもしろかった。嵐のように攫われた。よく、これを忘れて生きていたなとすら思った。
            本の中に整然と並ぶ活字は、冷めているようでものすごく熱い。
            色んなひとと過ごし気持ちを上下させて来たからこそ、より物語が魅力的に、心の深くに届くような気がした。登場人物の感情が、絵空事じゃなく腑に落ちる。たとえ物語の設定は突飛でも。

            読書ほど興奮するものはないし、その興奮が続くものもない。
            その気持ちを、すぐにでも刺繍で表したい。
            あぁやはり、読書だけでも、刺繍だけでもだめなのだ。一人の時間も必要だし、他人と過ごす時間も必要なのだ。
            それでもどれかひとつと言われたら、読書に勝る興奮はない、と今は答える。
            感化されて、読むだけではなく文章も書きたくなってしまった今夜。
            書くと自分の中のごちゃごちゃが整理されるからいい。筋道が立ったような気になれるからいい。
            今は、エリクソンの「Xのアーチ」とカズオ・イシグロの「忘れられた巨人」を読んでいる。

            ーーーー
            刺繍と手紙 クロヤギシロヤギ
            Instagram 刺繍アカウント
            Instagram お弁当アカウント
            twitter
            facebook 刺繍アルバム