星に願いを

2018.07.07 Saturday

0

    今夜は7/7。
    おそうめんを食べてお裁縫の上達祈願をする日です。

    それを知ったのは5.6年前でしょうか。
    白いお素麺を糸に見立てて食べることで、手芸の神様である織姫様に芸事の上達を願うという廃れてしまった風習にときめいて、毎年欠かさずおそうめんを食べています。

    七夕の由来は、中国の乞巧奠といわれています。
    機織りの名手であった織姫にあやかり、7月7日の夕方に針や糸を祭壇に供え、生活に欠かせなかった機織りや裁縫の上達を願う、女性のための行事でした。
    奈良時代に日本の宮中女性に伝来し流行となりますが、当時農村で行われていた棚機(たなばた)という五穀豊穣のための祭りと混ざり合い、やがて日本全土に定着していきます。
    日本でも機織りの名手は特別な女性として神聖視(神の持ち物)されており、棚機ではその女性に水屋で機を織らせ、仕立てた織物だけではなく、技巧ごと神に捧げることで秋の豊穣を願ったとされています。
    そのため、織姫の概念が根付きやすかったのでしょう。
    今や、針供養と並んで欠かせない、毎年の行事になっています。

    図案は拙著「日本のかわいい刺繍図鑑」から。
    七夕のコラムも載っています〜。