結城紬のこと

2018.03.16 Friday

0

    刺繍と織物はとても近しく、技法によっては厳密にその差がわからないものもあるそうです。
    そんな織りのひとつ、結城紬の組合さんの展示にお誘い頂き、貴重な生産5工程を見せて頂きました。
    刺繍も時間がかかると言われていますが、結城紬の工程に例えれば、私がしているのは5番目だけです。


    1番目は繭玉を開いて5つ分を均等な厚さに揃える(右端の状態に)工程。


    2番目はそれを糸に紡いでいく工程。職人さんによって太さが変わります。
    手の込んだ文様は細い糸が必要になり、適した太さの糸が揃わないと織ることができないそう。傾向として、歳を重ねた職人さんは太くなることが多く、そういった糸は帯などに使うそうです。


    3番目が1番感動した染めの前の縛って行く工程。職人さんの前に編み図のようなものがありまして、柄に合わせて糸を結び、その下が染まらないようにします。
    多色使いの場合は、縛る前の生地を少しずつ脱色などで色を変え、さらにその上を縛る。果てしない…。


    4番目は、それを染めた後の糸です。どれほど細かく、そしてきれいに色が入っているかご確認頂けるでしょうか…
    叩きつけながら浸透させて染めています。


    5番目は織りです。横糸が100本以上ある繊細な仕事、糸が切れた時の繋ぎも見せて頂きました。


    こちらは120万円の反物をかけて頂いたところ。エメラルドがかった美しい水色の絣です。
    写っていませんが、実はすぐ近くに1200万円の反物も…!

    思わず拝むような気持ちになる手仕事。 素晴らしかったです。
    お蚕さんが映っていますが、インスタには最初の工程の動画もアップしました。
    よかったらぜひご覧ください。