図案をお渡しするタイミング

2017.02.21 Tuesday

0

    今日もレッスンにお越し頂き、どうもありがとうございました。

    帰り際、図案をその場でお渡しできなかった方がいらして、なぜ? と思った方もいらっしゃるかもしれないので、補足しますね。

     

    図案をお渡しする時って、実は刺繍のスタート地点です。

    その図案でなにを作るのか? によって、用意する布や接着芯の有無も変わります。

    刺し始めは? 刺し順は? 等を聞きたい人もいるかと思います。

    どこがわからないかわからなくても、指を動かせばステッチがそれを教えてくれます。

     

    なので、そういう諸々のために、ちょっと時間に余裕がほしいのです。

    終了間際や終了後にお渡しできず、ごめんなさいね > <

    けっこう迷ったのですが・・・私なら欲しいなぁとか、でもやっぱり確認もしたくなるだろうなぁ。。とか。

     

    もう2,3年作り続けて来てる人なら、もう説明いらないだろう! という場合もあるでしょう。笑

    そういう場合はお渡ししちゃいますね。

    その方が今、どこまで習得しているのか? 自分で布などの判断がつくか? などにもよるのかなぁ。

     

    こちらは日曜日のレッスンに生まれたヘアゴム。

    レッスン中に仕上ります。

    こんな技法もある刺繍って、つくづくおもしろいです♡

    しかし、その分確認事項も多いのです。。。

    ますます精進します〜!

     

    ーーーー

    ネットショップ 刺繍と手紙 クロヤギシロヤギ
    Instagram 刺繍アカウント
    Instagram お弁当アカウント
    twitter
    facebook 刺繍アルバム

     

    JUGEMテーマ:刺繍