刺繍の熨斗袋

2016.08.23 Tuesday

0

    土曜日、すてきなひとのすてきな結婚パーティにお招き頂き、お祝いに伺いました。

     

    はじめて刺繍でつくってみた熨斗袋。

    夫婦円満などあらゆるおめでたい意味がこもっているとされる「向い松喰い鶴」と清浄を表す「羽」です。
    「向い松喰い鶴」は古代オリエント発祥の含綬鳥文や咋鳥文がシルクロードを渡って中国に伝わり、正倉院御物にも遺る花喰い鳥文になったという吉祥文です。
    日本にはおめでたい文様がたくさんありますが、異なる文化を吸収し変化をしながら伝統となったこの文が、行動力があって、たくさんの友だちがいて、包容力があって、和も似合う、そんな魅力満載な新婦さんにぴったりな気がして刺繍しました。
    末永くお幸せに♡♡♡

     

    これ以上ないくらい全力のブーケトス。

    最高だった!

    ウェディングドレスは、お母様が着たものだそう。

    とってもお似合いですてきです。

     

    会場は新郎がかつて住んでいたという中目黒の日本家屋。

    小津映画みたい。。

    大家さんも参加のアットホームなパーティで、久しぶりに会う人たちと笑ったり、はじめて会う人と縁側に座ってじっくり話したり。びっくりなご縁もありました。

    すべてが、新郎新婦の人柄が運んで来てくれたように思える一日です。

     

    二次会は馴染みの場所でお寿司を食べながら。

    カウンターで線香花火大会がはじまって楽しかった。

    知らないかわいい女子よ、ありがとう♡

     

    ーーーー

    ネットショップ 刺繍と手紙 クロヤギシロヤギ
    Instagram 刺繍アカウント
    Instagram お弁当アカウント
    twitter
    facebook 刺繍アルバム

     

    JUGEMテーマ:刺繍